2013.10.24

敵地でマルセイユ撃破のナポリFW「勝利に値するプレーだった」

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第3節が22日に行われ、グループFではマルセイユとナポリが対戦。アウェーのナポリが2-1で勝利を収め、2勝1敗とした。マルセイユは開幕3連敗となった。

 試合後、ナポリのベルギー代表FWドリース・メルテンスが勝利を振り返った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

「とにかく今日は勝ちたかった。(第3節、第4節のマルセイユとの連戦で)勝ち点6を確保するのは大事だよ。その後のことはまだわからない。(同じグループの)アーセナルとドルトムントはどちらも強いからね。それほど多くの勝ち点を落とすことはないだろうから、僕たちもできるだけ(勝ち点を)拾っておかないといけない」

「風が強くて難しかったけれど、前半は良かったね。良いサッカーができていた。特に前半は僕たちが圧倒していた。勝利に値するプレーだったよ。マルセイユについては事前にずいぶん研究したけれど、試合を支配したのは僕たちだったからね。それでも最後に1点を返されて、終盤はかなり辛かった」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る