2013.10.23

敵地でアーセナル撃破のドルト監督「成熟したプレーを見せられた」

アーセナル戦の勝利を喜ぶドルトムントの面々 [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第3節が22日に行われ、グループFでは日本代表FW宮市亮の所属するアーセナルとドルトムントが対戦し、アウェーのドルトムントが2-1で競り勝った。

 敵地で白星を収めたドルトムントのユルゲン・クロップ監督は試合後、以下のように勝利を振り返った。日本語版クラブ公式HPが伝えている。

「チームは素晴らしいパフォーマンスを披露したね。アーセナルは絶好調の偉大なチームだが、そんな彼らを苦しめることができた。オープンな戦いだったけれど、見事な攻撃で勝利できた。先制したことがカギだったと思う」

「我々は好スタートを切り、非常にいいプレスをかけられた。先制後は当然ながらアーセナルを封じ込められなかった。彼らはそんなことをさせてくれるチームではない。しかし、決定機はあまり与えずにできた。我々はいつでも勝ち越し点を奪える状態で、実際に奪ってみせた。守りに徹した最後の何分かは本当に見事だったね。非常に成熟したプレーを見せられたよ」

 ドルトムントは2勝1敗の勝ち点6となり、アーセナルとナポリと並んでいる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る