2013.10.23

レアル指揮官がCLユヴェントス戦を展望「特にビダルは要注意」

アンチェロッティ
アンチェロッティ監督がユヴェントス戦を展望した [写真]=Getty Images

 23日に行われるチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節で、グループBでは、レアル・マドリードとユヴェントスが対戦する。

 ホームでの一戦を前に、レアル・マドリードのカルロ・アンチェロッティ監督が前日会見に出席。試合を展望した。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 1999年から2001年までユヴェントスを率いていたアンチェロッティ監督は、「私がユーヴェを率いていた時代から変わったこと? 髪の毛だね(笑)。いや、多くのことが変わったよ。今は私もさらに経験を積んでいる。指導者、そして人間としての成長という面で、ユヴェントスでの経験は私にとって非常に貴重なものだった。好成績を挙げたとは言えないかもしれないが、当時の経験や記憶は良いものばかりだ」と、コメント。「今のユヴェントスは質の高い選手を数多く擁している。特にアルトゥーロ・ビダルは要注意だ。わずかなスペースを突き、ゴールを狙ってくる」と、相手の印象を話した。

 そして、「週末の試合(19日のリーガ・エスパニョーラ第9節)では、マラガを相手に良いプレーができた。シーズン開始以来、チームはどんどん良くなってきていると思う。自信が増して、さらに激しさを持ってプレーできている」と、チームの現状を語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る