2013.10.23

ユーヴェのブッフォン「カシージャスは以前に増して偉大になった」

カシージャス
ユーロ2012で健闘を称えあうカシージャスとブッフォン [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは23日、チャンピオンズリーグ・グループリーグ第3節でホームにユヴェントスを迎える。このヨーロッパ屈指の名門同士の顔合わせまで2日となった21日、ユヴェントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、現地入りしたマドリードで報道陣とのインタビューに応じた。

 スペインのメディアからの取材とあり、レアル・マドリードに関する質問を多数受けたブッフォンは、キャプテンのスペイン代表GKイケル・カシージャスを差し置く形で、元スペイン代表GKディエゴ・ロペスがレギュラーを張る状況について、両選手に配慮しながらも自身の見解を示した。

「カシージャスほどのGKがベンチを温めるというのは奇妙なことだ。しかし、この話題に関してはディエゴ・ロペスを最大限にリスペクトする必要がある。彼は最高級のGKであり、プレーする度に優れたパフォーマンスを披露している。僕がカシージャスについて言えるのは、彼は素晴らしい男であり、今は以前にも増して偉大になったということだ」

 ブッフォンは一方、話題性重視と指摘される事も多いレアル・マドリードのクラブ運営について、バルセロナとの比較を用いて疑問を呈している。

「バルセロナはここ7、8年に渡り、人気の面でも名声の面でもヨーロッパの全てのクラブを凌駕してきた。なぜなら、クラブの評価は最終的には勝利によってもたらされ、バルセロナはタイトルを獲得し続けてきたからだ。今の彼らはレアル・マドリードの1950~60年代の黄金時代にも匹敵するだろう。とはいえ、レアル・マドリードほど勝利が義務付けられたクラブはこの世に存在しない。そんな彼らはここ十数年、偉大な選手を獲得することで、ファンに夢を抱かせると同時に世界中の注目を集めるクラブに君臨するという哲学を披露してきた。確かに、お金は物事を始めるうえで大きな力となる。しかし、勝利を手にするためにはそれだけでは不十分であり、しかるべきプロジェクトが必要となる」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る