2013.10.23

ミランと敵地でドローのバルサ監督「我々がグループ突破の最右翼」

バルセロナを率いるマルティーノ監督 [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第3節が22日に行われ、グループHではミランとバルセロナが対戦し、1-1のドローとなった。

 アウェーで引き分けたバルセロナのヘラルド・マルティーノ監督は試合後、以下のようにドローを振り返った。『UEFA.com』が伝えている。

「決勝トーナメント進出という観点から考えると、結果は悪くないが、試合を見れば私たちは引き分け以上の出来だった。いい入り方ができなかったせいで、失点を喫したけれどもね。序盤は、ロビーニョとカカに手を焼いたが、同点後は4、5回は逆転勝利へのチャンスがあった」

「(スコアレスドローだった19日の)オサスナ戦と同じだった。試合を支配して、勝てるだけのプレーはしたと思う。チャンスを作り、勝ち点3を取ろうとしたが、結局できなかった。(ドローでも)チームの頑張りは評価できるし、実際にグループ突破の最右翼であるのは我々。ボールをよく動かして、ミランにほとんど攻めさせなかった。試合の序盤に一つのミスを犯して、高すぎる代償を払ってしまった。ここからは(26日に行われる)レアル・マドリード戦のことを考える。チームは一丸となるってくれるはずだよ」

 バルセロナは2勝1分けの勝ち点7で、グループ首位に立っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る