2013.10.03

アウェーでの勝ち点1獲得にマンU指揮官「良い守備を見せていた」

モイーズ
シャフタール戦の結果に満足感を示すモイーズ監督 [写真]=Man Utd via Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uは、2日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節でシャフタールと対戦し、1−1で引き分けた。試合後、デイヴィッド・モイーズ監督は、アウェーで勝ち点1を獲得できたことに満足感を示した。クラブ公式HPが伝えている。

 試合を振り返ったモイーズ監督は「良い守備を見せていたから、相手を無失点に抑えられると考えていた」と語り、守備面のパフォーマンスを高く評価。また、「早い時間帯に先取点を奪うことができたし、他にも得点を決めるチャンスを作っていた。もし、追加点を手にしていれば勝利を収めていただろう」と付け加え、試合内容に手応えを感じていた。

 23日に行われるチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節では、マンチェスター・Uはホームでレアル・ソシエダと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る