2013.10.03

ユーヴェ、終盤に逆転もガラタサライとドロー…CL初勝利ならず

ユヴェントスとガラタサライの一戦は引き分け [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節が2日に行われ、グループBではユヴェントスとガラタサライが対戦した。

 初戦のコペンハーゲン戦を1-1で引き分けているユヴェントス。ホームでの一戦では、GKジャンルイジ・ブッフォン、アンドレア・ピルロ、カルロス・テベスらが先発メンバーに名を連ねた。一方のガラタサライは、ディディエ・ドログバ、ウェズレイ・スナイデルらが先発出場した。

 ユヴェントスは、スコアレスで迎えた26分、ミルコ・ヴチニッチが負傷により交代。ファビオ・クアリアレッラを投入する。先制点はガラタサライが奪った。36分、ドログバがユヴェントスDFのバックパスに反応。飛び出したGKブッフォンよりも先にボールに触れると、そのまま蹴り込み、ゴールネットを揺らした。前半はガラタサライが1点をリードして終えた。

 1点ビハインドのユヴェントスは後半開始から、スティーヴン・リヒトシュタイナーに代えて、マウリシオ・イスラを投入。52分には、ペナルティーエリア内でパスを受けたテベスが、反転してシュートを放つが、GK正面へ。55分にはピルロがミドルシュートを狙うものの、ゴールのわずか上へ外れた。ユヴェントスは攻勢をかけながらも、ゴールを奪えない時間が続いた。

 ユヴェントスは77分、クアリアレッラがペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。アルトゥーロ・ビダルが豪快に蹴り込み、1-1の同点に追い付いた。さらに87分、ピルロからのクロスボールにクアリアレッラが頭で合わせ、逆転に成功した。

 しかしガラタサライは直後の88分、ロングボールをドログバがヘディングで落とすと、走り込んでいたウムト・ブルトがゴールを決め、スコアは2-2に。試合はそのまま終了し、勝ち点1を分け合う結果となった。

 ユヴェントスは2試合を終えて2分けの勝ち点2、ガラタサライは1分け1敗の勝ち点1となっている。

 23日に行われるグループステージ第3節では、ユヴェントスはアウェーでレアル・マドリードと対戦。ガラタサライはホームでコペンハーゲンと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る