2013.10.02

独紙がCL採点発表、内田には及第点の評価「守りではノーミス」

内田篤人
バーゼル戦でフル出場のシャルケの内田篤人(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節が1日に行われ、バーゼルと、日本代表DF内田篤人の所属するシャルケが対戦。ドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーの決勝点で、1-0でシャルケが勝利を収めた。

 ドイツ地元メディアが、試合の採点を発表した。フル出場を果たした内田への評価は、及第点だった。ドイツ紙『Westdeutsche Allgemeine』は「3.5」(最高点1、最低点6)をつけ、「奮闘して試合に入り込み、右サイドをがっちり守った」と、評価。一方、『Revier Sport』も、「3」点を与えている。

 両メディアの採点および寸評は以下のとおり。

『Westdeutsche Allgemeine』
採点:3.5
寸評:試合に入るために非常に多くの時間を要し、ちょっとしたミスもあった。しかし、奮闘して試合に入り込み、右サイドをがっちり守った。バーゼルの左サイド、バレンティン・シュトッカーをほとんど消してしまった。

『Revier Sport』
採点:3
寸評:ウッシーのフォーム(状態)はチャンピオンズリーグ仕様!守りではノーミス、攻めては回数こそ少なかったものの、敵3人をかわす場面もあった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
75pt
シャルケ
55pt
レヴァークーゼン
51pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
64pt
欧州順位をもっと見る