2013.09.30

マンU監督がCLで激突のシャフタールを警戒「好成績を残す強豪」

マンチェスター・Uを率いるモイーズ監督 (C)ManUtd.jp

 マンチェスター・Uのデイヴィッド・モイーズ監督が、10月2日に行われるチャンピオンズリーグのグループステージ第2節を前に、意気込みを語った。クラブの公式HPが伝えている。

 モイーズ監督はシャフタールとのアウェー戦を控え、「強力な布陣で臨みたいね」と語った一方で、シャフタールへの警戒を続けた。

「シャフタールは好成績を残している強豪だよ。今夏に数選手を放出したが、それでもブラジル出身の選手が5、6人はいる。ウクライナ出身選手だけの構成ではなく、世界各国の優秀な選手を集めている印象があるよ」

 また、「チャンピオンズリーグで結果を残せば、ヨーロッパ全土にチームの存在が知れ渡る」と大会についてもコメント。「近年は、イングランド以外のチームも潤沢な資金力を手にして、優勝争いのレベルも激化した。スペイン人選手やスペインの強豪チーム、パリ・サンジェルマンの台頭を含め、以前よりも開けた大会になったと思うよ」と自身の考えを明かすとともに、「ユナイテッドにとっても、上位進出が難しくなった。次のラウンドへ勝ち進むことは保証されていない。それは昨シーズンのマンチェスター・シティにも言えたね。とにかく全試合で良いプレーを見せ、先に進めれば良いと思う」と語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る