2013.09.27

リベリーがCLを展望「団結を保てば何の問題もない」

リベリー
バイエルンMFリベリー(左)が今季のCLを展望 [写真]=Getty Images

 バイエルンのフランス代表MFフランク・リベリーが、今シーズンのチャンピオンズリーグを展望した。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 リベリーは、監督交代の影響について言及し、「今まで通りの努力を続けられるかどうかは、選手次第なんだ。チームとして一体となってプレーできるかどうかが、さらに大事なポイントだね。昨シーズンはそれができていた。これからも団結を保って、1つになっていかなければいけないね。それができれば、何の問題もないはずさ」と、語った。

 そして、マンチェスター・Cとヴィクトリア・プルゼニ、CSKAモスクワと同組のグループステージについては、「楽なグループなど、決してない。それでも、僕たちが(グループステージ通過の)大本命の1つであることは事実だ。集中力を保って、好スタートを切れば、何の問題もなく突破できるだろう。とはいえ、CSKAモスクワやヴィクトリア・プルゼニといった難しいチームにも注意しなくてはならない。もう1つの本命は、マンチェスター・Cで、こちらも強豪だ。いずれにせよ、やるべきことをやって勝利をつかめるかどうか。それは、自分たちにかかっている」と、展望した。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る