2013.09.20

アヤックス指揮官「メッシが相手だと、こうなり得るのもわかっていた」

F・デ・ブール
アヤックスを率いるF・デ・ブール監督 [写真]=Getty Images

 18日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグ第1節、ホームにアヤックスを迎えたバルセロナは、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシのハットトリックなどにより4‐0で勝利し、3シーズン振りの優勝に向けて好発進した。

 終わってみれば4点差の快勝となったバルセロナだが、アヤックスに攻め込まれる場面も顕在した。アヤックスのフランク・デ・ブール監督も、試合後の会見では、大差での黒星を嘆きながらも、ヨーロッパ屈指の強豪相手に一定の手応えを掴んだとの実感を表した。

「敗戦に落胆している。前半は良いプレーが見せられた。いくつかの時間帯では試合をコントロールすることができた。1点取れていてもおかしくなかった。だが後半、立ち上がりがあまり上手くいかず、3失点を喫してしまったのが残念だ。試合に0-4で敗れ、気分良くスタジアムを後にできる訳がない。しかし、チームにはポジティブな面も色々と見られた。ラストパスには改善の余地こそあれ、決定機を何度か作ることができたので、希望をもって今後の試合に臨んでいきたい」

 デ・ブール監督は一方、CL史上最多となる通算4度目のハットトリックを達成したメッシの決定力に脱帽した。

「我々はPK失敗を始め、チャンスを生かすことができなかった。一方、メッシはいつでもゴールを決められる選手だ。彼を相手にすると、このような事が起こり得るということはわかっていた。とりわけ1点目のFKは凄かったよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る