FOLLOW US

昨季CL準優勝のドルトムントが、ナポリに競り負けて黒星発進

ドルトムントはエースのレヴァンドフスキも不発に終わった [写真]=Bongarts/Getty

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節が18日に行われ、グループFではナポリとドルトムントが対戦した。

 昨シーズンに準優勝だったドルトムントは、敵地に乗り込んだが、29分に失点。ショートコーナーからカミロ・スニガにクロスを入れられると、ゴンサロ・イグアインにヘディングシュートを叩き込まれた。さらに先制を許した際、抗議したユルゲン・クロップ監督が退席処分を受けた。

 敵地で1点ビハインドを負うと、前半アディショナルタイムにマッツ・フンメルスが負傷交代。直後には、GKロマン・バイデンフェラーがペナルティエリア外でハンドを犯して、退場となった。

 ドルトムントは1点差のまま前半を折り返したが、67分にはナポリのロレンツォ・インシーニェに直接FKを叩き込まれ、リードを広げられた。ドルトムントは、87分にスニガのオウンゴールで1点差に詰め寄ったが、同点までは追いつけずに、1-2で競り負けた。

 10月1日に行われる第2節では、ナポリはアウェーでアーセナル、ドルトムントはホームでマルセイユと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA