FOLLOW US

宮市途中出場のアーセナルがCL白星発進…敵地でマルセイユ下す

先制点を挙げて喜ぶウォルコット [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節が18日に行われ、グループFではマルセイユとFW宮市亮の所属するアーセナルが対戦。宮市はベンチスタートだった。

 アウェーで戦うアーセナルは、メスト・エジルやセオ・ウォルコット、オリヴィエ・ジルーらが先発出場。序盤から攻め合う展開となるがゴールを割れずにいると、マルセイユにペースを握られた。CKからアンドレ・アユーやアンドレ・ピエール・ジニャクにシュートを打たれたが得点までは許さずに、前半をスコアレスで折り返した。

 アーセナルは後半開始直後の47分にも、マルセイユのロッド・ファンニに決定的なシュートを浴びたが、枠を外れて事なきを得た。53分には左サイドを突破したキーラン・ギブスがペナルティエリア内からシュートを放ったが、GKの好セーブに防がれた。58分にもカウンターからジャック・ウィルシャーが決定機を得たが、再びGKの好守に阻まれた。

 アーセナルは得点できずにいると、59分にはペア・メルテザッカーがクリアミス。あわやオウンゴールという場面だったが、ギブスがゴール寸前でクリアした。

 拮抗した展開が続いたが、65分にアーセナルがついに均衡を破った。左サイドからクロスを上げると、マルセイユDFがクリアミス。ゴール前でフリーだったウォルコットが右足のボレーシュートを叩き込んだ。

 敵地で先行したアーセナルは、84分にアーロン・ラムジーが追加点を奪取。リードを広げると、後半アディショナルタイムにPKで1点を返されたが、2-1と勝利。敵地で白星スタートを切った。なお、宮市は後半アディショナルタイムに途中出場した。

 10月1日に行われる第2節では、アーセナルはホームでナポリ、マルセイユはアウェーでドルトムントと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA