FOLLOW US

本田、王者相手の完敗に「インパクトという期待に応えられず残念」

バイエルン戦でフル出場した本田 [写真]=千葉格

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節が17日に行われ、バイエルンと日本代表MF本田圭佑が所属するCSKAモスクワが対戦。3-0でバイエルンが勝利した。

 前回王者相手との試合で完敗を喫したCSKAモスクワだが、試合後、先発フル出場した本田は、「僕らとしては前半の2失点というのが想定外だったんですけど、チャンピオンチームとしては、ある程度想定内だったということを考えると、そのまま実力の差が前半に、結果としてはね、出てしまったかなという風に思います」と試合を振り返った。

 本田が前線で体を張り、起点になる場面が多かった試合だったが、「もう少しリスクを負って人数をかけないとゴールには程遠かったかなというのはプレーしていて感じますけどね」と、自軍の攻撃面についてコメントすると、個人的な手ごたえを感じ、余計にもっとできた部分があったのではないかを問われると、「それは言い訳にしかならないんでね。このチームで、こういうサッカーで、自分がいいプレーを世界に表現しようとするとやはり、あそこのカウンターで1人2人かわして、結局シュート決められるかに懸っているわけでしょ。もうボール持てるとか、ボール取られないとかっていうのは、ある程度日本代表でやればいいのかもしれないですけど、ここではそういうことは求められてないし、(アーメド)ムサとの2人でどう点を取りに行くかっていう、インパクトを求められているという意味では期待には応えられなかったのかなっていう風に思っていますし、残念ですね、そこは」と答えている。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA