FOLLOW US

レアル指揮官、負傷交代のカシージャスは「心配する状況ではない」

ガラタサライ戦で負傷交代となったGKカシージャス(中央) [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節が17日に行われ、グループBではガラタサライとレアル・マドリードが対戦。アウェーのレアル・マドリードが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのハットトリックなどで、6-1で圧勝した。

 試合後、レアル・マドリードのカルロ・アンチェロッティ監督が、負傷交代のスペイン代表GKイケル・カシージャスについて語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

「カシージャスは運がなかった。3、4日で復帰できることを望んでいるよ。短い出場時間だったが、すばらしいセーブを見せてくれた。良いコンディションであることを示したね。けがはただの打撲で、痛みがあっただけ。ただ、プレーを続けることができなかったんだ。心配する状況ではないし、早いうちに復帰するだろう」

 10月2日に行われる第2節で、ガラタサライはアウェーでユヴェントス、レアル・マドリードはホームでコペンハーゲンと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA