FOLLOW US

今シーズン初先発の香川が先取点に関与…マンUがCL白星スタート

マンチェスター・UはCL初戦を白星発進 [写真]=Man Utd via Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節が17日に行われ、グループAでは日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uが、ホームでレヴァークーゼンと対戦した。

 今シーズンのリーグ戦で出場機会がなかった香川が先発したマンチェスター・Uは22分、マイケル・キャリックの縦パスを香川が頭でそらし、ボールを受けた左サイドのパトリス・エヴラがクロスを送ると、ウェイン・ルーニーが右足で合わせて先制ゴールを奪った。

 その後もマンチェスター・Uはボールをキープしながら追加点の機会を伺う。43分にペナルティーエリア手前左からルーニーが直接FKでゴールを脅かすと、45分には右サイドからのクロスを胸トラップした香川がシュートを放つ。しかし、ボールはDFに当りゴールには至らなかった。

 後半に入っても試合はマンチェスター・Uのペースで進む。52分にはエメル・トプラクがスリップすると、ボールを奪ったルーニーがGKと一対一になるが、角度のないところから放ったシュートは枠を捉えることができなかった。

 決定機を逸すると、マンチェスター・Uは一瞬の隙を突かれてしまう。54分、シドニー・サムにドリブル突破を許し、最後はソン・フンミンの落としからシモン・ロルフェスにミドルシュートを決められ同点に追いつかれた。

 しかし、マンチェスター・Uは直後に反撃。59分にアントニオ・バレンシアのクロスからロビン・ファン・ペルシーの右足ボレーが決まり、再び勝ち越しに成功する。70分にはレヴァークーゼンの守備陣の連携ミスを突いたルーニーが追加点を奪って試合を決定づけた。

 79分にバレンシアにもゴールが生まれたマンチェスター・Uは、88分にトプラクに失点を許したものの4−2で勝利。チャンピオンズリーグ白星スタートとなった。なお、左MFで先発出場し、先取点に絡んだ香川は71分に途中交代している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA