2013.05.30

バイエルン社長、CL制覇は「昨季決勝の日から望まれていた結果」

バイエルン社長のルンメニゲ氏(中央)がCL制覇を振り返った [写真]=Bongarts/Getty Images

 25日に行われたチャンピオンズリーグ決勝で、ドルトムントとバイエルンが対戦。バイエルンが2-1で勝利を収め、2000-2001シーズン以来となる12年ぶり5度目の大会制覇を果たした。


 バイエルンの代表取締役社長を務める元ドイツ代表FWのカール・ハインツ・ルンメニゲ氏が、優勝を振り返ってコメントした。クラブの公式HPが伝えている。

「(バイエルンの下部組織出身のドイツ代表DFフィリップ・ラームやドイツ代表MFバスティアン・シュヴァインシュタイガーが、チャンピオンズリーグのタイトルを獲得したことについて)それに値するだけのことを彼らはしてきていたんだ。5年間、このタイトルのために懸命に取り組んできた。何度か(優勝の)直前まで迫っていた。特に昨シーズンはね。今シーズンは、偉大な1年をチャンピオンズリーグ優勝で飾ることができた。誇りに思っていることだろう。達成したことの偉大さを、本当の意味で実感するには、もうしばらく時間がかかるかもしれないけれど」

「今回の優勝は、ユップ・ハインケス(監督)にとっても非常に大事だった。ハインケスが昨シーズンの(チャンピオンズリーグ)決勝でチェルシーに敗れた後、どのように座り込んでいたのか、今でもよく思い出せるんだ。我々も皆、疲れ果ててぐったりとしていた。だからこそ、彼のバイエルンでのラストシーズンに、偉大な成功がついてきたことを非常にうれしく思っている。彼は今シーズン、非常に集中して、仕事に取り組んでいたからね」

「(優勝祝賀会の席で“偉大なカムバック”と話していたが)(昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝で敗れた後)2つの可能性があった。ショックの穴に落ち込み、良くないシーズンを送ること。あるいは、休暇を取った後で『よし、もう十分だ』と這い上がること。監督とチームはそれ(後者)をやってのけた。今回の戴冠は(昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝が行われた)2012年5月19日から望まれていた結果だったんだ」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
31pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
30pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング