2013.05.26

CL優勝を喜ぶロッベン「負け犬の烙印を押されたくなかった」

ロッベン
決勝点を決めたロッベンがトロフィーにキス [写真]=兼子 愼一郎

 チャンピオンズリーグ決勝が25日、イングランドのウェンブリー・スタジアムで行われ、ドルトムントとバイエルンが対戦。2-1で勝利したバイエルンが、2000-2001シーズン以来となる12年ぶり5度目の欧州制覇を果たした。

 バイエルンのオランダ代表FWアルイェン・ロッベンは、試合を振り返り、以下のようにコメントした。『UEFA.com』が伝えている。

「信じられないし、本当に嬉しい。感じていることを言葉で表現するのは難しいけれど、非常に誇らしい。チームの一員であることを誇りに思うよ。ついにチャンピオンズリーグで優勝する夢が叶った。本当に多くの感情が押し寄せてきて、言葉にできない。敗れた時の気持ちがわかっているだけにね。敗戦があったから、優勝の喜びが格別になったよ」

「完璧なシーズンだったけれど、来週に有終の美を飾ることができる。ドイツ・カップで優勝すれば、3冠達成になる。それが次の目標だね。でも誰でも、今日の優勝が最も重要だったと思う。今は祝っていいはずだよ」

「サッカーはチームスポーツで、何にしろチーム単位で動く。しかし選手にとって、これこそが頂点であり、最高の結果になる。試合終了の笛とともに、チャンピオンズリーグを制覇した。バイエルンでプレーする選手にとって、唯一、獲得していなかったタイトルだよね。クラブは昨年と2010年で残念な敗北を喫して、僕も(2010年の)ワールドカップを含め、3回決勝で敗れた。しかし、負け犬の烙印を押されたくはなかったんだ。そして、ついに勝つことができた。これで過去の敗戦も少しは薄れるね。本当にようやくという気持ちだよ」

「プレーするときは常に責任を感じるけれど、サッカーはチームスポーツなんだ。決勝進出も、僕たちが真のチームだから。互いのために戦い、走る。特に今シーズンの守備は、驚くほど堅かった。しかも、試合を決められる選手が揃っている。今日は僕が得点したけど、これもチーム全員のおかげ。チームに加入できて誇らしいよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る