2013.05.26

惜敗のドルト指揮官「持てる力を全て出し切り情熱を持って戦った」

ドルトムントを率いるクロップ監督 [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝が25日、イングランドのウェンブリー・スタジアムで行われ、ドルトムントとバイエルンが対戦。2-1で勝利したバイエルンが、2000-2001シーズン以来となる12年ぶり5度目の欧州制覇を果たした。

 試合後、ドルトムントのユルゲン・クロップ監督が、以下のように敗戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えている。

「当然ながら、バイエルンを祝福する以外ないよ。もちろん、ユップ・ハインケス監督に対してもね。彼は優勝に相応しい指揮官だと、心から思う。 試合自体は接戦だったが、ある時点から、非常にオープンな戦いになり、我々が勝っていたかもしれないと思わせる時間帯もあった。守備が非常に良かったので、試合をオープンに進めることができた。異なる戦い方をしたほうが良かった可能性もあったが、とにかく最終的にバイエルンが2ゴールを挙げ、我々は1ゴールにとどまった。近年のチャンピオンズリーグ決勝を全て見ているが、どの試合もある時点では、どちらが勝つか分からない状態になっている」

「再び誇らしい気持ちになるには多少時間が必要だが、必ずまたそう思えるときが来るはずだよ。チームを誇りに思っているが、今は失望のほうが大きいね。しかし、それは当然だよ。必死で得ようとしていたものが得られなければ、辛い思いをすることになる。持てる力を全て出し切って、情熱を持って戦った。同点にしたのは、当然の流れだった。我々は決勝に相応しく、それを示せたことが我々にとっては重要だった」

「自分の中に誇りが戻り、悲しみが消えつつあるのを感じている。今シーズンは素晴らしく、今日は本当に、非常に良い試合だった。今シーズンのチャンピオンズリーグでは、どこよりもバイエルン相手に良い試合をしたかもしれない。彼らがどんな相手と戦ってきたかは周知の通りだからね。ここが、また新たなスタートとなる。2年後にはベルリンで決勝が行われる。チャンピオンズリーグ決勝に戻ってくるには、最高の場所かもしれないね。来シーズンは更に質を上げて、より一層進化していけたらと願っている」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る