2013.05.26

バイエルン指揮官「CL制覇は監督人生の中でも最高のハイライト」

ハインケス
自身2度目のチャンピオンズリーグ制覇を果たしたハインケス監督 [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝が25日、イングランドのウェンブリー・スタジアムで行われ、ドルトムントとバイエルンが対戦。2-1で勝利したバイエルンが、2000-2001シーズン以来となる12年ぶり5度目の欧州制覇を果たした。

 試合後、バイエルンのユップ・ハインケス監督が、以下のように勝利を振り返った。『UEFA.com』が伝えている。

「決勝に向け、絶対に勝つという気概で臨んだ。フィリップ・ラームやバスティアン・シュヴァインシュタイガーといった世代の選手が、大きなタイトルを獲得する時期に来たということだね。彼らは代表出場や国内タイトルは数多く獲得してきたが、欧州の舞台では初めてのタイトルになる。チームには本当に満足しているよ」

「会見の後には、さらに興奮したり、あるいはホッとしたりするかもしれない。しかし、プレーしたのは私ではない。監督は、キックオフまでにやれることを終えたら、あとはチームに任せるだけ。表舞台に立つのはあくまで選手で、今日は選手がやるべき役割を果たしてくれた。トップクラスの選手なしでは、今シーズンの我々のようなサッカーはできない。監督が率いるのはチームであり、選手の集団なんだ。高い能力を持つ選手と接するのだから、細かく臨機応変に対応する必要がある。しかし、期待も高まる環境では、適切な対応を取るのが非常に難しい」

「もちろん、私も優勝して満足し、喜んでいる。チャンピオンズリーグの優勝は、監督人生の中でも最高のハイライトの1つになる。私は、監督としてチャンピオンズリーグで3シーズン戦い、2回優勝したが、これはめったに体験できることではないね」

 ハインケス監督は、レアル・マドリードを率いた1997-1998シーズンにも優勝。今シーズン限りでバイエルンの指揮官を勇退することが決定している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る