2013.05.26

バイエルンのハインケス監督、史上4人目の2クラブでのCL制覇

ハインケス
胴上げされるハインケス監督 [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝が25日、イングランドのウェンブリー・スタジアムで行われ、ドルトムントとバイエルンが対戦。2-1で勝利したバイエルンが、2000-2001シーズン以来となる12年ぶり5度目の欧州制覇を果たした。

 バイエルンを率いたユップ・ハインケス監督は、レアル・マドリードの指揮官を務めていた1997-1998シーズンに続いて、2度目の優勝を経験。異なるクラブでチャンピオンズリーグを制した史上4人目の監督となった。

 これまでには、フェイエノールトとハンブルガーSVを優勝に導いたエルンスト・ハッペル監督をはじめ、ドルトムントとバイエルンで戴冠を果たしたオットマール・ヒッツフェルト監督、ポルトとインテルで大会を制したジョゼ・モウリーニョ監督が達成していた。

 なお、ハインケス監督は、今シーズン限りでバイエルンの指揮官を勇退することが決定している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る