2013.05.25

ドルトムント主将のケール「果敢にぶつかり大胆に戦った方が勝つ」

CL決勝バイエルン戦に向けてコメントしたドルトムントMFケール [写真]=Bongarts/Getty Images

 25日にイングランドのウェンブリー・スタジアムで行われるチャンピオンズリーグ決勝では、ドルトムントとバイエルンが対戦する。

 決勝史上初となったドイツ決戦を控え、ドルトムントのキャプテンを務める元ドイツ代表MFセバスティアン・ケールが意気込みを語った。『UEFA.com』が伝えている。

「(前回優勝した)1997年はドルトムントにとって素晴らしい年だったよ。これ以上ないほどにね。今回ともいくつかの共通点があるけれど、どちらも最高のシーズンだよ」

「互いに相手を熟知して、戦い方も知っている。人々が注目していないような小さなことが勝負を分けることになると思う。両者の戦いがどういうものかも分かっているから、特に大きなサプライズはないだろうね。相手に果敢にぶつかって大胆に戦った方が勝つと思う。僕らはまさにそういうチームだから、どうなるか見ものだね」

 ドルトムントは、1996-1997シーズン以来となる16年ぶり2度目の優勝を目指す。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る