2013.05.25

12年ぶり5度目の欧州制覇に挑むバイエルン監督「勝つのは我々」

バイエルンのハインケス監督がCL制覇に自信を示した [写真]=Bongarts/Getty Images

 25日にイングランドのウェンブリー・スタジアムで行われるチャンピオンズリーグ決勝では、ドルトムントとバイエルンが対戦する。

 決勝史上初となったドイツ決戦を控え、バイエルンのユップ・ハインケス監督が意気込みを語った。『UEFA.com』が伝えている。

「私はこれまでに多くのビッグマッチに関わり、勝利やタイトルをつかんできた。しかしスポーツには敗北もつきものだ。決勝は、選手とクラブにとっても特別なものになるだろう。28から30歳の選手にとっては、同じドイツのチームを破っての優勝は、選手生活の最後を飾る栄光になるはず。それは私にとっても一緒だよ。しかし、私は以前にも優勝を経験しているので、多少引いて見る気持ちはあるかもしれないね。バイエルンにとっては非常に重要な一戦だが、私にとっては単なる一試合なんだ」

「今シーズン、我々は前人未到の快挙を成し遂げた。ブンデスリーガ50年の歴史の中でも、最高のシーズンを過ごしたチームになった。最近も1試合引き分けただけで、あとは全試合に勝っている。そしてもちろん、決勝でも好調ぶりを続けたいと願っているよ」

「私は常に、前向きに考えるよう努めてきた。私はチームの実力を知っている。(準々決勝の)ユヴェントス戦と(準決勝の)バルセロナ戦では我々は不利と見られていたが、どちらの試合前にも、私は同じことを言ったはずだ。我々はチャンピオンズリーグに優勝できると、ずっと思っていた。このチームは並外れ、一体となってプレーできる。そこを強みとして戦えれば、勝つのは我々だよ」

「ウェンブリーはイングランドや欧州、世界のサッカーにまつわる伝統を持つスタジアムなんだ。由緒ある場所で行われるチャンピオンズリーグ決勝に出場することは、選手にとっても大きなやりがいになるはずだね。スタジアムは独特の雰囲気に包まれるだろう。(ホームとは)別の街で開催される方が、我々にとってはゲンがいいのかもしれない。昨年は内容では上回ったから、今回こそサッカーの神々が我々の側についてくれるかもしれない」

 バイエルンは、2000-2001シーズン以来となる12年ぶり5度目の優勝を目指す。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る