2013.05.25

欧州頂上決戦、史上初のドイツ勢対決を制するのはドルトムントか、バイエルンか

決勝はサッカーの聖地ウェンブリー・スタジアムで開催される [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ準決勝の組み合わせが決まった時点で、ウェンブリーでの“ドイツ・ダービー”を予測した者は少なかったはずだ。何しろ彼らが対戦したのはバルセロナとレアル・マドリード。英国の大手ブックメーカー『ウィリアム・ヒル』社が準決勝前に発表した決勝カードのオッズは、スペイン“クラシコ”が「2.30」の一番人気で、ドルトムント対バイエルンは「5.50」の最低人気だった。しかし、バイエルンはバルサを、ドルトムントはレアル・マドリードを退け、“史上初のドイツ決戦”が実現した。

 ドイツを代表する両雄の間には少なくない因縁がある。中でもバイエルンが準決勝第1戦の前日にマリオ・ゲッツェの獲得を発表したことで、クラブ間の緊張の糸は一気に張り詰めた。現にドルトムントのヴァツケ会長は「彼らとの関係は冷め切っている」と、軋轢が生じたことを認めている。

 もっとも、この緊張の糸は決勝戦を盛り上げる最大のファクターともなり得る。選手、サポーター間の対抗意識は一層高まり、スタジアムはこれ以上ない熱気に包まれるはずだ。

 両者ともにチーム状態は良好だ。バイエルンは今大会最多29得点の攻撃力に加え、1試合平均0.83失点と抜群の安定感を誇る。故障がちなアルイェン・ロッベンの状態がベストにあることも心強く、フランク・リベリーらとの連係が相手の脅威になることは間違いない。対するドルトムントは国内リーグを含む公式戦13試合で3得点以上を記録している攻撃陣の爆発力が売り。代名詞となった「ゲーゲンプレッシング」も、大舞台を戦い抜いてきた中で更に磨きが掛かっている。

 今シーズンのリーグ戦での対戦成績は2分けのイーブン。ウェンブリーでの決勝は、文字どおり雌雄を決する戦いとなる。

<ドルトムント予想スタメン>(4-2-3-1)
GK:ヴァイデンフェラー
DF:ピシュチェク、スボティッチ、フンメルス、シュメルツァー
MF:ギュンドアン、ベンダー、ブラシュチコフスキ、ロイス、グロスクロイツ
FW:レヴァンドフスキ
監督:クロップ

<バイエルン予想スタメン>(4-2-3-1)
GK:ノイアー
DF:ラーム、ダンチ、ボアテング、アラバ
MF:ハビ・マルティネス、シュヴァインシュタイガー、ロッベン、ミュラー、リベリー
FW:マンジュキッチ
監督:ハインケス

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る