2013.05.20

チャンピオンズリーグ決勝の主審はイタリア人のリッツォ―リが担当

リッツォ―リ
ドイツ勢対決のチャンピオンズリーグ決勝の主審を務めるイタリア人のリッツォ―リ [写真]=Getty Images

 20日、欧州サッカー連盟(UEFA)は25日にイングランドのウェンブリー・スタジアムで行われる2012-13シーズン、UEFAチャンピオンズリーグ決勝ドルトムント対バイエルンの一戦を、イタリア人審判ニコーラ・リッツォーリが主審を担当することを発表した。

 42歳のリッツォ―リは、エミリア・ロマーニャ州ミランドラ出身の建築家で、2007年から国際審判員として活躍。セリエAで150試合以上を裁き、2011、2012年のセリエA最優秀審判に選ばれている。国際舞台では、2009-2010シーズンのヨーロッパリーグ決勝アトレティコ・マドリード対フルアムやクラブ・ワールドカップ、ユーロ2012、今シーズンのチャンピオンズリーグでは決勝トーナメント1回戦のマラガ対ポルトなど4試合を担当。

 イタリア人審判がチャンピオンズリーグ決勝の笛を吹くのは、2000年のレアル・マドリード対バレンシアを担当したステーファノ・ブラスキ氏以来となる。

 副審はレナート・ファヴェラーニとアンドレア・ステーファニ、追加審判はジャンルーカ・ロッキ、パオロ・タリアヴェント、第4審判はスロベニアのダミル・スコミナが務める。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る