FOLLOW US

CL決勝でのドイツ勢対決が初実現…同国クラブ同士の決勝は4度目

決勝で顔を合わせることになったバイエルンとドルトムント [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグが1日に行われ、バルセロナとバイエルンが対戦。アウェーのバイエルンが3-0で勝利を収め、2連勝で2試合合計スコアでも7-0と上回り、決勝進出を決めた。

 5月25日にイングランドのウェンブリー・スタジアムで行われる決勝では、ドルトムントとバイエルンが激突。ドルトムントは優勝した1996-1997シーズン以来となる16年ぶり2度目、バイエルンは2年連続10度目の決勝進出となった。初のドイツ勢対決での決勝で、ドルトムントが2度目、バイエルンは5度目の欧州制覇を目指す。

 なお、決勝が同国クラブ同士の対決となるのは、イングランド勢対決となった2007-2008シーズンのマンチェスター・Uとチェルシーの対戦以来、5シーズンぶり4度目。過去には、1999-2000シーズンでレアル・マドリードとバレンシアが、2002-2003シーズンでミランとユヴェントスが対戦している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA