FOLLOW US

CL決勝進出へ油断無しのドルトムント「何が起きても不思議はない」

決戦の地、マドリードに到着したドルトムント一行 [写真]=BVB.jp

 チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグが30日に行われる。ホームでのファーストレグを4-1で勝利し、大きなアドバンテージを得ているドルトムントだが、クラブや選手たちに油断はないようだ。日本語版クラブ公式HPが伝えている。

 ハンス・ヨアヒム・バツケCEOは、「有利な状況とはいえ、決勝へ行ける可能性はせいぜい50パーセントを少し超えるくらいだ。全てがワールドクラスな相手に、最悪な事態が起きないとは言えない。とても苦しむことになるのは間違いないね」と、レアル・マドリードの反撃を警戒している。

 また、ポーランド代表MFヤクブ・ブワシュチコフスキは、「人生や選手生活において様々なことを見てきた。何が起きても不思議はない。僕ら自身ですらレアル相手に4-1で勝てるなんて思っていなかった。アドバンテージがあるのは事実だけど、相手のポテンシャルはすごいし、気を引き締めて戦わなければいけない。でも、油断をしないことが僕らの長所だ。マドリードでも証明してみせるよ」と、慢心がないことを強調した。

 ドルトムントは、ポーランド代表DFウカシュ・ピシュチェクが鼠径部を痛めてジョギングをするにとどまっており、出場の可否は不透明だが、マドリード遠征には帯同している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA