2013.04.29

CL逆転突破を誓うレアルMF「ファンが翼を与えてくれる」

ケディラ
CLドルトムント戦に向けてコメントしたMFケディラ(左) [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグが30日に行われ、レアル・マドリードがホームでドルトムントと対戦する。敵地でのファーストレグで、1-4と大敗を喫したレアル・マドリードのドイツ代表MFサミ・ケディラが、セカンドレグに向けてコメントした。クラブの公式HPが伝えている。



「(ファンには)これまでのように、最初の瞬間から僕たちが勝利をつかみ取ることを信じて、100パーセントのサポートをしてほしい。そういう意味では、僕自身は何の心配もしていない。このような試合では、スタンドからの後押しの重要度は高く、決定的な要素になり得るんだ。マドリディスタ(レアル・マドリードのサポーター)は、セカンドレグで、僕たちに翼を与えてくれると確信している。自分たちのファンの前では、僕たちはより確かな力を感じることができる。ファンの存在を背後に感じながらプレーするのは、すごい感覚だ。セカンドレグでも、僕たちはすごい試合をすると確信している。単に1-0で勝つのではなく、より高いレベルの活躍をしなければならないから、簡単にはいかないけどね」

「(セカンドレグは)最後のチャンスだ。ファーストレグで、僕たちは周囲を納得させることができず、今ひとつの試合をしてしまった。不可能なことを可能にするためにやっていかないと。レアル・マドリードは、ヨーロッパの大会で、何度も魅惑的な夜を過ごしてきた。その歴史をもう1つ積み重ねられるようにやっていく」

「早い時間帯にゴールを挙げるのが大事だけど、同時に、冷静さを失わないことも必要。バランスのいいところを見つけていかなければならない。(ジョゼ・モウリーニョ)監督は僕たちのために、ベストの試合プランを準備してくれるだろう。相手が早い段階で得点すれば、プレッシャーが膨らんでしまう。だから僕たちは、高い位置からドルトムントにプレッシャーをかけていく。チャンピオンズリーグのどの試合でも、失点しないことがとても大事。僕たちは3点差をつけて勝たなければいけない。ドルトムントは守備がコンパクトで、しっかりと守るチーム。しっかりと(ゲームを)コントロールして、集中して攻めなければならないし、後方のバランスを保ちつつ、ルーズボールを抑えなければならない」

「5月25日(チャンピオンズリーグ決勝)のことを話すのではなく、準決勝のことを考えるべき。多くの人が決勝進出の可能性を否定している。ファーストレグの結果をみれば、それが必ずしも間違いだとは思わない。でも、僕たちはレアル・マドリードにふさわしい姿、僕たちが望まれているプレーレベルを披露する。逆転することだけを考えている」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る