2013.04.26

CLドルトムント戦を悔やむペペ「簡単な試合になると考えていた」

シャビ・アロンソ
CLドルトムント戦を悔やんだペペ(右) [写真]=Real Madrid via Getty Images

 24日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグ、レアル・マドリードはアウェーでドルトムントに1-4で大敗した。前日にはバルセロナが同じくアウェイでバイエルンに0-4で完敗しており、リーガ・エスパニョーラ勢はドイツ勢に相次ぎ返り討ちに遭った。

 レアル・マドリードの各選手が自分たちの期待外れのパフォーマンスに落胆の色を見せる中、試合後のインタビューに応じたポルトガル代表DFペペは、潜在意識下でドルトムントを甘く見ていた可能性を示唆した。

「決勝につながる大事なステップだったので、全身全霊を傾けてピッチに立たなければならなかった。だが、実際はそれができなかった。僕たちはもっと簡単な試合になると考えてしまっていた」

 ペペはまた、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスの「戦う姿勢を欠いてしまった」との意見に同調した。

「試合の入り方はまずまずだったが、全体的にプレーの厳しさが欠けていた。チャンピオンズリーグのような大会ではミスが高くついてしまうので、90分を通じてラスト1分のように戦わなければならない」

 一方、ドルトムントのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキに4ゴールを献上したことについて質問されたペペは、セカンドレグでは抑えて見せるとの意気込みを示した。

「今日は彼にとっては素晴らしい夜だったね。全てのプレーが正確だった。だが、そうさせてしまった原因は僕らにある。次の試合では同じようなミスは絶対に犯さない」

 今回の黒星により、セカンドレグでは3-0もしくは4点差以上の勝利が必要となるレアル・マドリードだが、ペペは自分たちの底力に期待を寄せた。

「まずいプレーをしてしまった責任を真っ先に負わなければならないのは僕ら選手だ。しかし、まだ挽回するための試合はある。僕たちはレアル・マドリードだ。逆転での決勝進出は可能だ。そのために全力を尽くそうじゃないか。次はホームでの試合だし、3ゴールなら十分に僕たちの射程圏内だ」

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る