FOLLOW US

レアル撃破に満足のバツケCEO「信じられないような快挙」

ドルトムントは、レヴァンドフスキが4得点を挙げ、レアル・マドリードを下した [写真]=BVB.jp

 ドルトムントは、24日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグでレアル・マドリードと対戦し、4-1で勝利を収めた。ドルトムントの最高経営責任者(CEO)であるハンス・ヨアヒム・バツケ氏は、同試合を「信じられない快挙」と表現しながらも、セカンドレグへ向けて気を引き締めている。日本語版クラブ公式HPが伝えた。

 バツケ氏は、大勝を収めたレアル・マドリード戦を振り返り、「チームが成し遂げたことを誇りに思う。信じられないような快挙だよ」とコメント。一方で、「セカンドレグはまた違った試合になるはずだ。我々は(決勝戦が開催される)ロンドンへの扉を開けたにすぎないし、全力を尽くす必要がある」と語り、気を引き締めた。

 また、ドルトムントのスポーツ・ディレクターを務めるミヒャエル・ツォルク氏は、同試合でのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェに対するファンの対応を称賛している。

「(試合前日にバイエルンへの移籍が決定したにも関わらず)ゲッツェに対してファンは素晴らしい対応をしてくれた。ファンが目先のことだけを見ていない証拠だね。彼らのおかげで、チームは素晴らしいパフォーマンスを披露することができたと思っているよ」

 なお、セカンドレグは、30日にレアル・マドリードのホームで行われる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA