FOLLOW US

ドルト監督がバイエルン移籍決定のゲッツェを称賛「最高の出来」

ドルトムントでは、エースナンバーを背負っているゲッツェ [写真]=BVB.jp

 チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグが24日に行われ、ドルトムントとレアル・マドリードが対戦。ホームのドルトムントがポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの4ゴールで、4-1と大勝した。

 ドルトムントのユルゲン・クロップ監督は試合後、レアル・マドリード戦前日にバイエルンへの移籍が発表されたドイツ代表MFマリオ・ゲッツェに言及した。日本語版クラブ公式HPが伝えている。

 クロップ監督は、「ゲッツェには、『昨日の今日では、バイエルンへ移籍することはまだ誰も忘れていないだろうが、みんなは重要なことに集中するだろうし、何よりクラブが大事だ』と話したよ」と2人での会話を明かすとともに、「ファンがこれを支持してくれ、本当に嬉しい。マリオはトップレベルで活躍することになる類まれな選手なんだ」とコメントした。

 また、ゲッツェの出来については、「今日は彼がサッカーに集中できるように、チームも気を配っていた。最高のパフォーマンスを見せてくれたね」と、チームの配慮とともに、賛辞を送った。

 ゲッツェは、レアル・マドリード戦でフル出場。8分にレヴァンドフスキが挙げた先制点をアシストし、快勝に貢献していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA