FOLLOW US

逆転を期すDFペペ「レアルのユニフォームに名誉を与えないと」

セカンドレグでの逆転を期すレアル・マドリードDFペペ(右) [写真]=Real Madrid via Getty Images

 チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグが24日に行われ、ドルトムントとレアル・マドリードが対戦。アウェーのレアル・マドリードは、ドルトムントのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキに4ゴールを許し、1-4で大敗した。

 試合後、レアル・マドリードのポルトガル代表DFペペが、以下のように敗戦を振り返った。クラブの公式HPが伝えている。

「僕たちは、うまく試合に入り込めなかった。相手の出方を待ち過ぎたし、ミスを犯して大きな代償を払うことになってしまった。でも、セカンドレグで巻き返すことは可能で、決勝進出を狙うことが大事だ。自分たちのことを考えなければいけない。良いプレーができなかったし、それを受け止めないといけないが、自分たちにはまだ1試合が残っている」

「巻き返すことはできる。(得点差は)3ゴールだし、逆転は可能だ。同じミスを繰り返さないように努めるし、逆転を可能にするために、最後だと覚悟を決めて戦う。レアル・マドリードのユニフォームに名誉を与えないといけないし、全力を尽くさないといけない」

 なお、セカンドレグは4月30日に、レアル・マドリードのホームで行われる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO