FOLLOW US

4失点のレアルGKディエゴ・ロペス「逆転への確信と信念がある」

大量失点に肩を落とすディエゴ・ロペス(左) [写真]= Real Madrid via Getty Images

 チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグが24日に行われ、ドルトムントとレアル・マドリードが対戦。ホームのドルトムントがポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの4ゴールで、4-1と大勝した。

 試合後、レアル・マドリードの元スペイン代表GKディエゴ・ロペスが、以下のように敗戦を振り返った。クラブの公式HPが伝えている。

「逆転できるという確信と信念がある。試合はもう過去のことだよ。意識はセカンドレグに向けられていて、(ホームのサンチャゴ)ベルナベウは過去にも歴史的な逆転劇があったスタジアムだよ」

「今日はまったく良いところがなかったけれど、ファンの前での逆転劇を信じているよ。それを勝ち取るためベルナベウへ行かないといけない。(相手の2点目については)ゴールのワンプレー前にヘディングでボールに触れた選手がオフサイドの位置にいた。しかし、言い訳は通用しない。今僕らが考える必要があるのは、セカンドレグについてなんだ。みんなが一つのことに集中する。過去にも伝説の逆転劇もあったし、それらはベルナベウで起きていた。信念とスピリッツ、さらにクラブが持つものを考えると、僕らがそれを達成できる感触はあるよ」

 セカンドレグは4月30日に、レアル・マドリードのホームで行われる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO