FOLLOW US

4失点喫したバルセロナのピケ「判定については話すべきでない」

大敗を喫して頭を抱えるピケ [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグが23日に行われ、バイエルンとバルセロナが対戦した。試合は、ホームのバイエルンがドイツ代表MFトーマス・ミュラーの2得点とドイツ代表FWマリオ・ゴメス、オランダ代表FWアルイェン・ロッベンのゴールで、4-0と大勝した。

 バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケは試合後、敗戦を以下のように振り返った。クラブの公式HPが伝えている。

「バイエルンの方がスピードがあって、遥かに強かった。プレーの内容も相手が上だったね。僕らは立ち上がってセカンドレグに向き合うとともに、リーグ優勝をできるだけ早く決めるように努力をする必要がある」

「判定については話すべきではないと思う。バイエルンの方が上だったのだから、相手を祝福すべきだよ。僕らは(セカンドレグが行われる)カンプ・ノウで試合に勝てるように、努力をしていかなければならない」

 なお、セカンドレグは、バルセロナのホームで5月1日に行われる。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
期間限定2カ月無料キャンペーンはこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA