FOLLOW US

4失点で大敗のバルセロナ「フレッシュさが足りなかった」

バイエルン戦ではメッシ(左)ら、攻撃陣が不発に終わったバルセロナ [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグが23日に行われ、バイエルンとバルセロナが対戦した。試合は、ホームのバイエルンがドイツ代表MFトーマス・ミュラーの2得点とドイツ代表FWマリオ・ゴメス、オランダ代表FWアルイェン・ロッベンのゴールで、4-0と大勝した。

 バルセロナのアシスタントコーチであるジョルディ・ロウラ氏は試合後、敗戦を以下のように振り返った。『UEFA.com』が伝えている。

「バイエルンを祝福するしかない。彼らは非常に強く、我々を上回っていた。非常にフィジカルが強く、長身の選手を揃えている。前半は 我々も悪くはなかったが、後半早々にCKから失点して、その後は難しい展開になったしまった。多くのスペースを与え、フィジカルの弱さを晒すことになった」

「バイエルンが素晴らしい試合運びを見せる一方、我々にはフレッシュさが足りなかった。これは、検討が必要になる。後半は、巻き返しの糸口を見いだせない状況に追い込まれてしまった。良くない結果で、我々は落ち込んでいる。状況は厳しいが、我々がバルセロナである以上、セカンドレグも果敢に戦い、勝利を目指さなくてはならない。すべてを賭けるつもりだよ」

 なお、セカンドレグは、バルセロナのホームで5月1日に行われる。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
期間限定2カ月無料キャンペーンはこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA