2013.04.17

モウリーニョ「チェルシーとアーセナルはCLで敗れて当然だった」

モウリーニョ
レアル・マドリード在籍3シーズン目となっているモウリーニョ監督 [写真]=Real Madrid via Getty Images

 レアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョ監督が、『ワールドサッカーキング』最新号(0502号/4月18日発売)のインタビュー内で、今シーズンのチャンピオンズリーグについて、印象を語った。

 今大会では、ベスト16でプレミアリーグ勢が全滅。モウリーニョ監督は、「そもそも、そういうくくり方自体が意味を持たない」と語った上で、「もっとも、チェルシーとアーセナルは敗れて当然のパフォーマンスだった。そこに驚きはない」と断言した。

 一方、レアル・マドリードと対戦したマンチェスターの2チームについては、異なる見解を示した。

「(マンチェスター)シティーの敗退は予想外だった。あれだけ優秀な選手をそろえていながら2年連続で、それもグループリーグで敗退する理由が私には分からない。敗退を冷静に受け止めていること自体、シティーがまだ《本物のビッグクラブ》になっていない証拠と言えるだろう」

「ユナイテッドはヨーロッパのベストチームの一つだ。我々が勝者となったが、彼らの敗北は不運だったとしか言いようがない。同時に、それがフットボールの《不条理な醍醐味》でもある」

 また、ベスト4に2チームが勝ち進んだドイツ勢にも言及。「バイエルンとドルトムントは素晴らしいパフォーマンスを見せている。準決勝にはヨーロッパの最強チームが集結した」と、自身の考えを明かした。

 今大会のベスト4には、レアル・マドリードとバルセロナ、バイエルン、ドルトムントが進出。決勝は5月25日に、イングランドのウェンブリー・スタジアムで行われる。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る