2013.04.11

メッシを称えるビジャ「共にいてくれることを祝福しなければ」

けがから復帰のメッシを称賛したバルセロナのダビド・ビジャ [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが10日に行われ、バルセロナがホームでパリSGと対戦した。試合は1-1のドローに終わり、2試合合計スコアでも3-3と並んだが、アウェーゴールの差で上回ったバルセロナが、6シーズン連続のベスト4入りを決めた。

 バルセロナのスペイン代表FWダビド・ビジャが、試合を振り返ってコメントした。クラブの公式サイトが伝えている。

 ビジャは引き分けに終わった試合の内容について、「パリ・サンジェルマンのカウンターに苦しめられて、チャンスを作られてしまったし、前半はボールを失ってしまった。それでも、良い試合だったと思う。準決勝に進めて、チャンピオンズリーグを楽しみ続けられることに満足しているよ」とコメント。

 そして、けがから復帰を果たしたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて問われると、「レオ(メッシの愛称)は世界一の選手だ。彼がクラブのために、僕たちと共にいてくれること、そして、サッカーというスポーツと共にいてくれたことを、祝福しなければならない」と述べた。

 さらに、今後の戦いについてビジャは、「準決勝は難しい試合になる。決勝に進めるように、十分に準備をしなければならない」と語り、気を引き締めた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る