2013.04.11

苦戦の末にCL4強のバルサ、枠内シュートでパリSGに迫られる

メッシ
互いに途中出場だったメッシ(左)とベッカム(右) [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが10日に行われ、ユヴェントスとバイエルンが対戦した。

 ホームのバルセロナは、71分にペドロ・ロドリゲスが得点。アウェーのパリSGは、50分にハビエル・パストーレがゴールを記録。1-1と引き分け、2試合合計スコアでも3-3と並んだが、バルセロナがアウェーゴールの差で上回り、6シーズン連続のベスト4入りを決めた。

『UEFA.com』では、両チームの公式スタッツを以下のように発表した。

■シュート数(枠内)
バルセロナ 22本(10本)
パリSG 14本(9本)

■ボール支配率
バルセロナ 63パーセント
パリSG 37パーセント

■チーム走行距離
バルセロナ 111.697メートル
パリSG 105.716メートル

■パス総数(成功数)
バルセロナ 692本(435本)
パリSG 427本(243本)

■パス成功率
バルセロナ 80パーセント
パリSG 65パーセント

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る