FOLLOW US

合計スコアで4強決めたレアル、支配率等でガラタサライを下回る

レアル・マドリードは、セカンドレグでは競り負けた [写真]=Real Madrid via Getty Images

 チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが9日に行われ、ガラタサライとレアル・マドリードが対戦した。



 ホームのガラタサライは、57分にエマニュエル・エブエ、70分にウェズレイ・スナイデル、72分にディディエ・ドログバが得点。レアル・マドリードは、7分と後半ロスタイムにクリスティアーノ・ロナウドがゴールを記録。レアル・マドリードは2-3で敗れたが、2試合合計スコアで5-3と上回り、3シーズン連続のベスト4入りを決めた。

『UEFA.com』では、両チームの公式スタッツを以下のように発表した。

■シュート数(枠内)
ガラタサライ 12本(7本)
レアル・マドリード 8本(5本)

■ボール支配率
ガラタサライ 55パーセント
レアル・マドリード 45パーセント

■チーム走行距離
ガラタサライ 106.944メートル
レアル・マドリード 109.260メートル

■パス総数(成功数)
ガラタサライ 588本(440本)
レアル・マドリード 441本(306本)

■パス成功率
ガラタサライ 75パーセント
レアル・マドリード 69パーセント

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA