FOLLOW US

劇的な大逆転勝利のドルトムント、走行距離などでマラガを圧倒

劇的な勝ち上がりを見せたドルトムント [写真]=千葉格

 チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが9日に行われ、ドルトムントとマラガが対戦した。

 ホームのドルトムントは、40分にロベルト・レヴァンドフスキ、後半ロスタイムにマルコ・ロイスとフェリペ・サンタナが得点。マラガは25分にホアキン、82分にエリゼウがゴールを記録。3-2で競り勝ったドルトムントが、2試合で1勝1分けと上回り、1997-1998シーズン以来、15年ぶりとなるベスト4進出を決めた。

『UEFA.com』では、両チームの公式スタッツを以下のように発表した。

■シュート数(枠内)
ドルトムント 13本(10本)
マラガ 7本(5本)

■ボール支配率
ドルトムント 61パーセント
マラガ 39パーセント

■チーム走行距離
ドルトムント 119.390メートル
マラガ 109.857メートル

■パス総数(成功数)
ドルトムント 559本(400本)
マラガ 388本(218本)

■パス成功率
ドルトムント 72パーセント
マラガ 56パーセント

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA