FOLLOW US

ホアキン「UEFAを疑う。僕らがレアルではなくマラガだからだ」

UEFAを批判したホアキン(左) [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが9日に行われ、ドルトムントとマラガが対戦。ドルトムントが、後半ロスタイムに2得点を挙げて逆転する劇的な結末により3-2と勝利し、2戦合計1勝1分で準決勝進出を決めた。

 試合後、マラガの先制点を決めた元スペイン代表MFホアキン・サンチェスが、強い口調でUEFA(欧州サッカー連盟)やミッシェル・プラティニUEFA会長を非難している。スペイン紙『マルカ』が伝えた。

 ドルトムントの決勝点となった3点目がオフサイドだったのではないかと物議を醸しているが、ホアキンは、「僕たちは、プラティニとそこに関わる全てを疑っている。なぜなら僕たちはマラガであってレアル・マドリードではない。僕たちに対してこういったことをする方が簡単なことだからね」と、マラガがビッグクラブではないため敗退に追いやられたと主張した。

 続けて、「試合後、ゴールシーンを見た。あってはならないことだった。もちろん僕たちはマラガだからね…。誰も僕たちをフットボールで倒すことはできない。フットボールと審判にマラガはとてもひどい仕打ちを受けたよ」と、最後まで悔しさを滲ませている。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA