FOLLOW US

CL敗退も胸を張るガラタサライ指揮官「歩むべき道を進んでいく」

「胸を張って歩むべき道を進んでいく」と語ったテリム監督 [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが9日に行われ、ガラタサライとレアル・ マドリードが対戦した。ガラタサライは、ホームで行われた一戦を3-2で制したものの、2試合合計スコア(3-5)で下回り、同大会からの敗退が決まっている。ガラタサライを率いるファティ・テリム監督のコメントを『UEFA.com』が伝えた。

「我々のサポーターは本当に素晴らしく、スタジアムの雰囲気は最高だった。3点目を奪った後は、準決勝進出の夢を見始めていたよ。最後に(ディディエ・)ドログバのゴールが決まっていれば、何もかもが一変していたと思う」

「正しい指導を受ければ、トルコ人選手に成し遂げられないことはないんだ。我々は多くの面で成長する必要がある。胸を張って、自分たちの歩むべき道を進んでいかなければならない」

「レアル・マドリードとジョゼ・モウリーニョ監督には、改めて感謝をしたい。世界のトップクラブを率いる監督が、我々をねぎらうために、ロッカールームまで来てくれたんだからね。準決勝に進出することはできなかったが、我々は世界中からリスペクトされていいと思うよ。『王者に負けた』と言うことができるように、レアル・マドリードのチャンピオンズリーグ優勝を願っている」

 準決勝の組み合わせ抽選会は、12日に行われる。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA