2013.04.09

CLマラガ戦に臨むドルト指揮官「こんな大一番はしばらくない」

ドルトムントのクロップ監督が、CLマラガ戦に向けてコメントした [写真]=Bongarts/Getty Images

 9日に行われるチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグで、ドルトムントとマラガが対戦する。ドルトムントのユルゲン・クロップ監督が、試合前日の記者会見に臨んだ。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 クロップ監督は、3日に敵地で行われたファーストレグについて言及し、「8日の練習で、ファーストレグの結果について数多くのネガティブなコメントを耳にしてきたことを選手に話した。しかし、なぜ皆がそう簡単にマラガで勝てると思ったのか私には分からない。(マラガとの)ファーストレグも含め、今シーズンのチャンピオンズリーグでは、すべてがポジティブな結果になっている。もちろん、それで何かが約束されるわけではないがね」と語り、スコアレスドローという結果を悲観視していないことを明かした。

 セカンドレグに向けては、「チャンピオンズリーグでのすばらしい物語の続きを書き進めていきたい。もっと先まで勝ち進みたいんだ。この試合を皆、楽しみにしているよ。こういう試合には全く異なる2種類のアプローチがあると思う。ひたすらプレッシャーだけを感じるか、これをチャンスと感じるかだ。我々の場合は、後者のアプローチでここまでうまくやってきた。ホームでは、才能と精神力、そしてチームと観客との相互作用が我々を強くしてきた。マラガでの雰囲気も素晴らしかったが、それ以上の空気を作れると信じているし、そうしなければならない」とコメント。熱狂的なサポーターが後押しするホームでの戦いに自信を覗かせた。

 最後にクロップ監督は、「明日の夜のような大一番はしばらくないかもしれないから、全力を出し尽くさなくてどうするんだ? 開始12分で5-0ぐらいにして難なく突破できればいいが、マラガがそうさせてくれるとは思えない。だから我慢が必要だ。準決勝に勝ち進みたければ、これまでと同様に苦しい時間帯を耐え抜かなければならない」と語り、準決勝進出への意気込みを示した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
55pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る