2013.04.09

モウリーニョ「私の去就とCLのタイトルは関係ない」

CLガラタサライ戦の前日記者会見に臨んだモウリーニョ監督 [写真]=Real Madrid via Getty Images

 9日に行われるチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグで、ガラタサライとレアル・マドリードが対戦する。3日のファーストレグで3-0と先勝したレアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョ監督が、試合前日の記者会見に臨んだ。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 モウリーニョ監督は、熱狂的なサポーターで知られるガラタサライとのアウェーゲームについて、「トルコには独自のサッカー文化があると思う。2002-03シーズンに、UEFAカップでポルトを率いてトルコのチーム(デニズリスポル)と戦った。私たちはホームで(のファーストレグで)大量得点をして乗り込んだが、それでもセカンドレグのスタジアムは満員で、喜びとモチベーションと情熱にあふれていた。相手もファーストレグと同じチームとは思えなかった。例えば、ポルトガルやスペイン、イタリアのクラブなら、アウェーで大量失点をして負けたら、ホームでのセカンドレグではスタジアムは埋まらないし、サポーターからブーイングを受けるだろう。だからこそ、明日の試合では、熱いスタジアムが待っているのを楽しみにしているし、私たちもその雰囲気を気に入っている。選手達はファンタスティックな雰囲気の中でプレーをする。スタジアムに駆けつけるサポーターは面白い試合になることを期待している」とコメント。トルコのサッカー文化を称賛し、試合への期待感を示した。

 ファーストレグでは、フランス代表FWカリム・ベンゼマとアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインがともに得点を挙げた。モウリーニョ監督はセカンドレグの選手起用について問われ、「1トップに誰を先発起用するかは決めているが、ここでそれを発表するつもりはない。アタッカーは高いレベルの自信を持つことが大事で、その自信は得点を決めるかどうかで変わってくる。ファーストレグで2人が得点を決めたことは嬉しいし、イグアインが(6日のリーグ第30節)レバンテ戦ですばらしいゴールを決めたことも嬉しい。ベンゼマは両サイドでプレーして、レバンテ戦はイグアインの前でプレーをしたが、良い試合を見せてくれた。彼らの自信がしっかりとあるのなら、全員にとってプラスなこと。間違いなく、明日は良い試合をしてくれるだろう」と語った。

 また、モウリーニョ監督は、「もし、マラガが準決勝に進出すれば、それは想像していなかったもので、偉大なことだ。全ての称賛がマラガの監督、選手、サポーターにふさわしい。マラガが準決勝に進出してくれることを自分は願っている」と語り、同じスペイン勢で、チャンピオンズリーグ初出場ながらベスト8に進出しているマラガにエールを送った。

 最後に、自身の去就とチャンピオンズリーグの結果との関係について問われたモウリーニョ監督は、「私の去就はチャンピオンズリーグのタイトルを取る、取らないは関係ないものだ」とコメントした。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る