FOLLOW US

レアルのD・ロペス「タイトルを懸けて争いたい」

CLガラタサライ戦に向けてコメントしたGKディエゴ・ロペス [写真]=Getty Images

 9日に行われるチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグで、ガラタサライとレアル・マドリードが対戦する。レアル・マドリードの元スペイン代表GKディエゴ・ロペスが、試合に向けてコメントした。クラブの公式HPが伝えている。

 ディエゴ・ロペスは、アウェーでのセカンドレグについて、「ファーストレグと同じような試合になるようにプレーしなければならない。ガラタサライはカウンターを得意にしていて、スピードのある選手たちが縦への攻撃を仕掛けてくる。僕らは守備の時に冷静でいることを忘れずに、安定感を維持して、攻撃に出ていく。(ファーストレグの)3-0の結果を意識するべきじゃない。僕は、得点を挙げるために攻めていくことがカギになると見ているよ。相手がどこだろうと、このチームが無得点で試合を終えることはなかなか無いこと。(得点は)1つの目標であり、勝敗を決定付けるものになる」とコメント。ファーストレグの結果を意識せず、得点を狙う姿勢が重要であるとの認識を明かした。

 そして、ディエゴ・ロペスは「決勝にたどり着くことを夢見ていて、ファーストレグで準決勝進出に大きな一歩を踏み出したけれど、先はまだ長い。レアル・マドリードはこれまでもチャンピオンズリーグで結果を出してきているけれど、この大会はとても大変で、あらゆる人たちにとっての夢。タイトルを懸けて争うことができるようにしたい」と今大会での目標を語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO