FOLLOW US

マラガのホアキン、ドルトムントとドローも「戦いの行方は分からなくなった」

アウェーでのCLセカンドレグへの意気込みを語ったホアキン [写真]=Getty Images

 マラガの元スペイン代表MFホアキン・サンチェスは3日、チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグのドルトムント戦の試合後のインタビューに応じた。

「CLほどの大会の準々決勝ともなると、レベルは高くなるね」と率直な感想を述べたホアキンは、ホームでスコアレスドローに終わった試合を振り返った。

「前半の方が後半よりもスペクタクルの多い試合だった。僕たちは、準決勝進出の可能性は彼らと同じだけあると信じ、厳しい戦いを見せた。この結果はポジティブだと思っている。これで戦いの行方は全く分からなくなった」

 ホアキンはまた、アウェーに舞台を移してのセカンドレグでの苦戦を予想しながらも、勝ち抜けに期待を寄せた。

「第2戦でも自分たちのプレーをしなければならない。ドルトムントはフットボールをよく知るチームなので、僕たちは厳しい戦いを強いられるだろう。だが、僕らがゴールを決めれば、逆に彼らを苦しめることができる」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO