2013.04.03

土壇場で追いつかれたバルサ、シュート本数等でパリSGを上回る

終盤にスコアが動いた試合だが、ドローに終わった [写真]=原田亮太

 チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグが2日に行われ、パリSGとバルセロナが対戦した。

 ホームのパリSGは、79分にズラタン・イブラヒモヴィッチ、後半ロスタイムにブレズ・マトゥイディが得点。バルセロナは38分にリオネル・メッシ、89分にシャビ・エルナンデスがゴールを記録。2-2の引き分けに終わった。

『UEFA.com』では、両チームの公式スタッツを以下のように発表した。

■シュート数(枠内)
パリSG 12本(7本)
バルセロナ 15本(8本)

■ボール支配率
パリSG 37パーセント
バルセロナ 63パーセント

■チーム走行距離
パリSG 102.677メートル
バルセロナ 107.603メートル

■パス総数(成功数)
パリSG 364本(225本)
バルセロナ 580本(453本)

■パス成功率
パリSG 62パーセント
バルセロナ 78パーセント

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
チェルシー
21pt
トッテナム
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
16pt
ライプツィヒ
15pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る