2013.04.03

CLバイエルン戦の敗北にピルロ「多くのミスをして失望している」

ピルロ
自身のパフォーマンスを悔いたピルロ [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグが2日に行われ、バイエルンとユヴェントスが対戦。2-0でホームのバイエルンが勝利した。

 試合後、ユヴェントスのイタリア代表MFアンドレア・ピルロがイタリアメディア『スカイ』のインタビューに応え、「自分のパフォーマンスに不満だ」とコメントし、敗戦を振り返った。

 フル出場したピルロだが、「今夜、バイエルンが見せた強さに賛辞を贈るが、セカンドレグで僕たちはそれに準備していく。このような重要な試合に向け準備し、開始30秒でビハインドを負ってしまえば、試合へのアプローチにもちろん影響が出る。しかし、90分を通して、バイエルンが優勢だった。セカンドレグでは、試合をコントロールしたい」とコメントし、開始早々の失点を抜きにしても、バイエルンが良い試合をしたと認めている。

 また、「自分のパフォーマンスに満足していない。大切な試合で多くのミスを犯し、失望している。僕たちは今、なぜ見当違いのパスを数多くしてしまったのかを分析しなければならない。セカンドレグに上積みが必要なことは明らかで、今日のようなプレーでは不十分だ」と、自身のプレーへの反省を口にし、セカンドレグでの巻き返しを誓っている。

 ユヴェントスとバイエルンのチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグは、ユヴェントスのホームで10日に行われる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る