2013.04.03

バルサとドローにPSG指揮官「勇敢に戦ったが、結果だけが不満」

パリSGはホームでのファーストレグを2-2の引き分けで終えた [写真]=PSG via Getty Images

 チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグが2日に行われ、パリSGとバルセロナが対戦。2-2の引き分けに終わった。

 パリSGのカルロ・アンチェロッティ監督は、2得点を奪いながら引き分けとなった試合結果に納得がいかないながらも、敵地でのセカンドレグへ自信を見せている。『UEFA.com』が試合後の監督の言葉を伝えている。

「私は良い結果だったとは思っていない。フォワードは良いプレーをして2得点を挙げた。ディフェンスも良かったが、2度リードを奪われてしまった。先制点は(リオネル)メッシに与えてしまったし、2点目も贈り物となってしまった。しかし、選手たちのプレーは誇らしいものだったよ。勇敢だったし、試合に臨む良い姿勢を見せてくれた。結果だけが不満だね」

「(試合中に負傷した)メッシがセカンドレグを欠場しても、我々のアプローチに大きな変更はない。バルセロナに行き、得点しなければならないんだ。今夜はそれができて、喜ばしい。しかし、失点を防ぐことができなかった」

「ブレーズ(マテュイディ)が(出場停止で)欠場することは痛い。彼はとても重要な選手だ。(負傷欠場した)チアゴ・モッタが彼に代わって、戻ってくることを願っている。我々には、積極的なプレーをしてくれる(クレマン)シャントームもいる。中盤には十分なオプションがある。セカンドレグは、とても困難なものになるだろうが、今晩のように2点決めたい。自信はあるよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る