2013.04.03

バルサがCL準々決勝でパリSGに土壇場で追いつかれドロー…メッシは負傷交代

メッシ
ファーストレグで先制点を挙げたメッシは、負傷により前半だけで退いた [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグが2日に行われ、パリSGとバルセロナが対戦した。

 アウェー戦に臨んだバルセロナは、開始早々の5分に大きなピンチを迎えた。左サイドをパリSGのエセキエル・ラベッシに突破を許し、ペナルティエリア内でシュートを狙われた際、セルヒオ・ブスケツが後方からクリア。ところが、クリアが不十分でボールはポストを直撃した。

 難を逃れたバルセロナはボールを保持するが、パリSGのカウンターを受けてしまう。15分にハビエル・パストーレにミドルシュート、19分にズラタン・イブラヒモヴィッチに強烈な直接FKを打たれるが、GKビクトル・バルデスが好セーブで防いだ。

 スコアレスで推移した試合だったが、38分にバルセロナが均衡を破る。ピッチ中央でジョルディ・アルバからボールを受けたダニエウ・アウヴェスがペナルティエリア内に浮き球を供給。パスを受けたリオネル・メッシが、左足のダイレクトシュートで先制点を奪った。

 先行したバルセロナは、1点リードで前半を折り返したが、前半終了間際にメッシが負傷。後半からはセスク・ファブレガスを投入した。

 バルセロナは後半に入り追加点を奪えずにいると、パリSGの反撃を許し、79分に同点ゴールを浴びてしまう。FKからチアゴ・シウヴァにヘディングシュートを打たれると、ボールはポストを直撃。こぼれたところをイブラヒモヴィッチに詰められ、ゴールネットを揺らされた。

 追いつかれたバルセロナだったが、試合終了間際の89分にペナルティエリア内でアレクシス・サンチェスがファウルを受け、PKを獲得。勝ち越しの大きなチャンスは、シャビ・エルナンデスが冷静に沈め、再びリードを奪った。ところが、後半ロスタイムにパリSGのブレズ・マトゥイディが、イブラヒモヴィッチのアシストを受けて得点。試合は土壇場で振り出しに戻り、2-2でタイムアップを迎えた。なお、バルセロナのホームで行われるセカンドレグは、4月10日に開催される。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
ユヴェントス
31pt
ローマ
30pt
欧州順位をもっと見る